> LINKS
菜食のススメ
菜食になってからの勉強に利用させていただいているサイトです。ベジタリアンクイズもあり♪菜食のススメ

VegCooking
ビーガン(ベジタリアン)レシピ

ベジーズJP
笑いと癒しのベジタリアン系エンターテインメントサイト

GoVeg.com
ベジタリアンの情報サイト

Other PETA websites
GoVeb.comをはじめとするPETAの色々なサイト

PETA
PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のサイト

PETA2.com
スワンドルマス
 今日テレビで紹介されていたトルコ料理、以外にもベジ向きでした。

 「トマトソース」は、トマトピューレか、もし味が足りなければカゴメのチリソースやみりんを加えればOKだと思います。

■スワンドルマス(2つ目のレシピ)

※カゴメのHPからチリソースが姿を消したんですが、もしや製造中止でしょうか…。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-05-22 20:59 | Vegan recipes
Veggie Times 5月・6月号配信のお知らせ
b0083560_21333472.jpg また若干送れですが(今までに期限どおりに発刊したことがあっただろうか…)、Veggie TIMES5月6月号を無事送り出すことができました。皆さんの元には届きましたか?もし届いていない、ファイルが開けないなどがあったら、コメントを入れていただければ再送します。

 新規の購読申し込みも大歓迎ですが、少し配信まで時間がかかる場合があるので、ご了承くださいませ。

 冊子にも載ってますが、レシピや写真等がそろそろ足りなくなってきたので、隠し持ってる皆さん、どうかご協力をお願いします。ペット用のレシピも募集中ですので。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-05-03 21:37 | Announcements, etc.
SB880をストップ!カンガルーを救おう!
PETAウェブサイトより

カンガルーを殺させないで!上院法案880を止めよう!
b0083560_22153547.jpg

 もしカリフォルニア法案が法律になってしまうと、カンガルーは差し迫った危機に直面することになるでしょう。上院法案880(SB880)が通ってしまうと、1970年から禁止されてきた、カリフォルニアでのカンガルー皮の販売を公認することになります。

b0083560_22204214.jpg オーストラリアでは、毎年何百万頭ものカンガルーがその毛皮の為に撃ち殺されています。オーストラリア政府の規則によると、親のいないカンガルーの子供や傷ついた大人のカンガルーは、首をはねるか「脳を破壊するため」に頭を鋭敏に打つことになっています。ハンターが、袋に子供を抱えた母親を殺す時、赤ちゃんはたびたび死んだ母親の体から引き出され、踏み潰されて殺されるか、激しい苦痛の中取り残されます。

 カリフォルニアでのカンガルーの皮が販売されることを許可することは、すでにこの(カンガルー皮)産業の要求を満たすことすら出来ないほど数の減っているカンガルーの存在自体も脅かすことになります。オーストラリア政府の統計によると、カンガルーの頭数は減少し続けており、この十年間で一番低い頭数を記録しているそうです。SB880は、絶滅に瀕していない種類のカンガルーの皮だけの販売を許可していますが、ハンターは主に夜間にカンガルーを殺す為、撃つ前にそれが絶滅に瀕している種ではないかどうかを毎回は確認をしません。どんな種類であれ、カンガルー皮への需要が高まることは、オーストラリアのカンガルーの頭数の減少をさらに加速させることになります。

■ここからカンガルー狩りのビデオを視聴することができます■
※射殺したり、赤ちゃんカンガルーが踏み潰される様子が写されています。心臓の弱い方や、精神的に弱い方は視聴をご遠慮ください。

 カンガルーたちのために、あなたの声を届けてください。SB880を止める為に力を貸してください。カリフォルニア観光委員会へ手紙を書いて、もし法案が通ればカリフォルニアを訪問しないという意思を伝えてください。他の動物と同じように、カンガルーはカーペットや財布、ジャケット、靴なんかではなく、残酷な行為や不必要な死から守られるに値します。

■ここからメッセージを送ることができます■
初めから文が入っているので、英語があまりできなくても大丈夫です。
*Subjectに件名
*(Edit Letter Below)に本文
*E-Mailにメールアドレス
*First Nameに名前
*Last Nameに苗字を入れて
「Send This Message」をクリック。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-04-25 22:21 | PETA
チンチラ飼育場
b0083560_0592093.jpg

PETA.orgウェブサイトより

PETAはUSDA(米国農務省)に対し、毛皮の為に殺される動物達を保護するように要望します

 ミシガン州ミッドランドにあるファー(毛皮)農場で、感電させられ(痛みを伴う心臓発作を起こす)、完全に意識のあるまま首を折られるチンチラ達を捜査員が目撃したためPETAは、むごたらしいファー(毛皮)産業の為に育てられる動物達を保護するよう求める手紙をUSDAに急送しました。チンチラ、フォックス(きつね)、ミンク、ラクーン(あらいぐま)など、ファー(毛皮)の為に殺される動物達は現在、ここでPETAの捜査員達が目撃したような行為から一切守られていません。

ここから捜査のビデオを見ることができます
※首を折るシーンなどが含まれているので、心臓の弱い方、精神的に弱い方は見ないようにお願いします。

****************************************
2007年4月11日:アップデート:裁判所がPETAに賛成する
 連邦裁判所は、PETAにこの捜査ビデオを公開することの差し止めを求めた訴訟を却下しました。訴訟は、この捜査によりファー(毛皮)用動物飼育場のオーナー達が傷つけられたというものでしたが、裁判所はすべてのクレームについてPETAに賛同し、このケースを却下しました。

 アメリカ連邦地方裁判所のDavid M. Lawson判事は、毛皮のために飼育され、感電死させられる動物たちに関することで「PETAは公的に抗議を行なう権利がある」とし、動物の飼育や動物を殺す事、またその方法(特に営利的な目的によるもの)については、公の関心事としてうけとめられている、と述べました。判事はPETAの捜査方法について、主要なテレビネットワークと比較し、「潜入捜査は我々の刑事裁判においてよく行なわれる方法である。それに加え、テレビ番組のPrime Time LiveやDatelineではたびたび、不適切で非人道的、犯罪性のある行為を暴くために潜入捜査が行なわれている。」と述べました。裁判所は、PETAがサイト上に捜査ビデオを掲載し、公開した内容は事実に基づいたものであり、ファー(毛皮)商人達の行動が正確に表現されているとしました。

2005年2月:アップデート!ミシガン農務省、米国農務省と地元役人が捜査
 ミシガン州のチンチラ飼育場で私達が行なった捜査により、ミシガン農務省、米国農務省と地元の動物管理役人達による共同調査が行なわれました。ファー(毛皮)飼育者は地元の獣医と共に、安楽死や倫理的な動物の扱いをトレーニングすることに同意しました。この飼育者は今後一切、チンチラを感電死させず、致死注射(安楽死に用いる)により安楽死される方法を学びます。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-04-15 01:02 | PETA
発送遅れ
 リーフレット・DVDを希望されてる皆様へ、
 日本語訳訂正をしている関係と、仕事で時間が取れず、発送が遅れてます。できるだけ早く送りますね。ご迷惑をおかけします。

 雑誌・ビラ等無料で配ってます
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-27 00:08 | Announcements, etc.
栃木のブログ
 栃木弁でアニマルライツを語るブログがあるので、ぜひ一度訪問してみてください。

 栃木でアニマルライツさ語っぺ

 私はもちろん栃木県民なので理解できますが、標準語を喋る方や、西日本の住人の皆さんは分かるかな…?
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-25 16:16 | Announcements, etc.
Candle Cafe
 ニューヨークにあるベジタリアンのカフェのビデオです。みんなおいしそう…。日本にいることが嫌になるようなビデオですが、日本でもこんなカフェがもっと増えればいいなぁ。
 メニューには、肉・魚・卵・乳製品は使われていません!

 Candle Cafe

 おいしそうな写真はCandle CafeのHPで

*****************************
3分クッキングよりも健康的な料理チャンネル
VegTV
英語が分からなくても、見てると不思議と料理したくなるのは私だけでしょうか。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-25 16:00 | Videos
カナダの恥
b0083560_19331460.jpg PETA関連ではないですが、先日掲載したアザラシ虐殺に関するビデオを教えていただいたので、興味のある方はご覧になってみてください。海外のデモの様子や、アザラシ猟の様子の映った写真です。
※アザラシの死体など、一部刺激の強い写真もでます。

カナダの恥―アザラシ猟ビデオ

私もカナダの文化や人、自然を愛していますが、アザラシ猟だけは好きになれません。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-19 19:33 | Videos
フォアグラ生産
GoVeg.comからの記事です。

こちらから記事、ビデオを見ることができます。
ビデオだけの視聴はPETA TVで。


フォアグラは、人間が行なう数々の残酷な「ぜいたく品」の中でも特に、吐き気のするような狂った例の一つです。「フォアグラ」は「太った肝臓」を意味します。フォアグラは、オスのカモ(アヒル)やガチョウに大量の食べ物を無理やりに食べさせて、普通より大きく太らせた肝臓です。飼育者は、一日に2、3回ほど鳥の喉にパイプを差し込み、鳥が必死に逃げようともがく中、4ポンド(約1.8キロ)もの穀物を胃へ流し込みます(※1.2.3)。パイプは鳥の喉を傷つけ、出血多量で死ぬものや、痛みに苦しむ鳥もしばしばいます。いくつかの飼育場では、1人の作業員が500羽もの鳥に、一日三回、えさを与えなければなりません(※4)。この忙しさの為に、鳥たちはたびたび雑に扱われ、傷を負ったまま放置されて苦しみます。

多くの鳥が重い肝臓のために立ちあがるのに苦労し、ストレスから自分の羽根をむしり取ったり、共食いしたりします(※5)。Sonomaフォアグラで撮られた潜入ビデオでは、太りすぎて身を守るのに立つこともできずに、ネズミに肉を食べられる生きたアヒルが写されています。

この拷問は12~21日間続けられ、鳥の肝臓を最大10倍も大きくさせます(※6)。強制的に食べ物を食べさせられることが原因でできた傷や病気のために、普通のカモ(アヒル)やガチョウの飼育場の一般的な致死率に比べ、フォアグラの飼育場では、その10倍~25倍の数の鳥が死にます。そして、こうした飼育場の鳥の死骸には、翼の骨折や、喉の筋肉に深刻な細胞ダメージが見られます(※7,8)。

フォアグラ生産の為に強制的にカモ(アヒル)やガチョウに餌を食べさせる方法は、紛れもなく残酷な行為です。1996年のベルギー獣医師達の報告では、「強制的なえさやりは、生理的、行動的に苦しめ、激しく彼らの福利を失わせることは間違いないであろう」と述べられています。またこのレポートには、「無理やりえさを与えることは、倫理的な問題から見て、非難されて当然である行為になりかねない」とも記述してあります(※9)。

フォアグラは非人道的であり、そのために2004年、カリフォルニア州では無理やり餌を食べさせられた動物の製品の製造・販売が中止され、2006年には、シカゴでもフォアグラが禁止されました(※10,11)。またイギリス、オーストリア、ドイツ、チェコ、フィンランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェイ、ポーランド、南アフリカ、スウェーデン、スイス、デンマークそしてイスラエルでも強制的な餌やりが禁止されました(※12)。

あなたにも出来ること

もしフォアグラを提供しているレストランがあれば、マネージャーにこの「珍味」の裏側で何が行なわれているのかを、礼儀正しく伝えましょう。レストランのマネージャーの名前と住所をメールで送っていただければ、ビデオと情報をPETAから送ります。また、オーナーがフォアグラの提供をやめなかった時にレストランの外で配る為のリーフレット(ビラ)もお送りします。

1.Scientific Committee on Animal Health and Animal Welfare, “Welfare Aspects of the Production of Foie Gras in Ducks and Geese,” 16 Dec. 1998.
2.Institut National de la Recherche Agronomique, “Production de Foie Gras, Gavage et Bien-être,” 2004.
3.D. Guémené et al., “Force-Feeding Procedure and Physiological Indicators of Stress in Male Mule Ducks,” British Poultry Science 42(5) (2001): 651.
4.World Animal Foundation, “Foie Gras,” 2005.
5.Scientific Committee on Animal Health and Animal Welfare.
6.Scientific Committee on Animal Health and Animal Welfare.
7.Farm Sanctuary, “The Welfare of Ducks and Geese in Foie Gras Production: A Summary of the Scientific and Empirical Evidence,” 2004.
8.Scientific Committee on Animal Health and Animal Welfare.
9.Farm Sanctuary.
10.Styles.
11.Gretchen Ruethling, “Chicago Prohibits Foie Gras,” New York Times 27 Apr. 2006.
12.Animal Protection & Rescue League and In Defense of Animals, “Stop Force


フォアグラ生産の様子
GoVeg.com Photo Galleryから抜粋

b0083560_1653571.jpg

フォースフィーディング(強制的餌やり)
フォアグラ生産時のフォースフィーディングは、鳥の喉を傷つけ、出血多量で死んでしまうものや傷の痛みに苦しむ鳥もいます。

b0083560_1710345.jpg

屠殺
フォアグラ生産や食肉に使用されるカモ(アヒル)やガチョウは屠殺場で逆さに吊るされ、たびたび意識のあるまま、喉を切られます。屠殺場でのおぞましい行為からカモ(アヒル)やガチョウを守る法律は1つも存在します。(鳥やターキーのように、カモやガチョウは人道的屠殺法を定めたHMSA法から除外されています。)

b0083560_1763122.jpg

フォアグラの檻
多くのファクトリーファーム(工業式飼育法を取り入れている飼育場)が一匹ずつの檻を使用する一方で、汚い檻に閉じ込められる鳥もいます。一日に2、3回、必死に逃げようともがく鳥たちは、金属のパイプを喉に差し込まれ、4ポンドもの穀物を胃に詰め込まれます。

b0083560_17153889.jpg

フォアグラの傷
フォアグラを生産するファクトリーファームでは、作業員達はより早く餌を与えなければなりません。この鳥のくちばしは、パイプを乱暴に喉に押し込まれた時に折れてしまったようです。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-18 17:12 | GoVeg.com―フォアグラ
カナダでのアザラシ虐殺をやめさせよう!
b0083560_21223623.jpg

血みどろのアザラシ虐殺を止めさせよう!

PETAホームページより

カナダでアザラシがどのように殺されるかを自分の目で確かめてください。

カナダの毎年恒例のアザラシ猟は、地球で一番規模の大きい海中哺乳類猟です。
昨年、カナダ政府が330,000匹のタテゴトアザラシを殺す許可を与え、世界はその恐ろしい出来事を見ていました。ハンティングでは、あかちゃんアザラシは銃で撃たれたり、何度も打ち付けられたりしていました。ハンター達はアザラシをクラブや「ハカピクス」と呼ばれる先に金属のフックのついた棒で殴っていました。

…中略…

この殺戮をやめさせてください!

上のリンク先から、メッセージを送ることができます。
もとからサンプルの文が入っているので、そのままでもOKですし、英語の分かる方は自分の言葉を入れるとより効果的です。
*Subjectに件名
*(Edit Letter Below)に本文
*E-Mailにメールアドレス
*First Nameに名前
*Last Nameに苗字を入れて
「Send This Message」をクリック。

ビデオより
●アザラシの毛皮は、コートや飾り等に使用される。
●3ヶ月以下の赤ちゃんアザラシが多い。
●赤ちゃんアザラシは、まだ泳ぐこともできない状態である。
●42パーセントがその場で生きたまま毛皮を剥がされ、肉は放置される。


こちらから、多分前回の猟のものだと思うんですが、他のビデオを見ることができます。
[PR]
# by i_love_peta_jp | 2007-03-14 21:26 | PETA
   

PETAの記事とビーガン(ベジタリアン)レシピを掲載!PETA's articles and vegan recipes!
by i_love_peta_jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧