> LINKS
菜食のススメ
菜食になってからの勉強に利用させていただいているサイトです。ベジタリアンクイズもあり♪菜食のススメ

VegCooking
ビーガン(ベジタリアン)レシピ

ベジーズJP
笑いと癒しのベジタリアン系エンターテインメントサイト

GoVeg.com
ベジタリアンの情報サイト

Other PETA websites
GoVeb.comをはじめとするPETAの色々なサイト

PETA
PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のサイト

PETA2.com
カテゴリ:PETA( 30 )
アンハッピーセット
McCruelty.comより

PETAのアンハッピーセットの中身は
b0083560_15304113.jpg
マクドナルドは、明るい色の箱にフードとおもちゃをセットにして子供むけに販売しています。しかし、こうした子供の多くはおそらく、その「ハッピーセット」に動物の苦しみが詰められていることを知ったら、ランチを吐き出してしまうことでしょう。だからこそPETAは、マックナゲットのために殺される鶏たちがハッピーとは無縁であることをたくさんの家族に知ってもらうために、「アンハッピーセット」を作りました。

マクドナルドのチキンバーガーをもじったボックスには、体を切断され生きたまま熱湯につけられた鶏の絵とともに、ナイフを振り回す「ロナルド・マクドナルド」が描かれ、また、PETAがマクドナルドに要請している、残酷性が現在の手法よりも低い屠殺方法であるCAK(=管理された環境での屠殺)についての情報が書かれています。

このアンハッピーセットの箱は「血」で汚れていて、その箱の中には、マクドナルドが「ケチャップ・ウィズ・ザ・タイムズ (=時代に追いつく)」ように問い掛ける「血」で満たされた小袋、パロディの「I'm Hatin' It」ロゴと共に威嚇するドナルドの紙人形、「血まみれの」プラスチックの鶏、そして「チキン・マックルエルティー(=クルエルティー/残虐性)」Tシャツがバーガー状になって入っています。

PETAのアンハッピーセットは、マクドナルドで食事をすることが、動物と人間両方にとって致命的な結果をもたらすことを警告しています。肉に含まれる飽和脂肪酸とコレステロールは、子供の肥満、心臓病、糖尿病といくつかの癌を発症するリスクを高めます。子供の親はむしろ、鶏や他の動物の残虐性を伴わない健康的な食事を取り入れ、マクドナルドに「We're hatin' it!(=私たちはそれが嫌い)」と伝えましょう

こちらから、フォームに入力、送信できます
 入力・送信について分からないことがあればコメントしてください。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2009-07-19 15:32 | PETA
1匹買って、1匹殺す
Peta.orgより、「1匹買って、1匹殺す」。
b0083560_2143381.jpg
*リンク先でメディアを選んだ後、「Watch It!」をクリックするとビデオが再生されます*

字幕版がないので、以下を参考にしてください。


おっさん「3週間で、新しい犬がやってきて、新しい家族が増えるよ」
ママ「とっても楽しみね!」
おっさん「その前に……これが君たちの殺した犬だよ」
ママ「なんてこと…」
パパ「何をしてるんだ?」
おっさん「あのね、ブリーダーから犬を買うってことはシェルターにいる犬を殺すってことなんだよ」
女の子「犬を殺したくなんかないよ」
おっさん「手遅れだ。もうお金を払っちゃったからね。」
パパ「どうしたらいいんだ?」
おっさん「知るもんか。殺したのは君たちだろう。」
『毎年シェルターでは、引き取り手のない400万もの動物が殺されています』
『アダプトしてください。買わないでください。』
[PR]
by i_love_peta_jp | 2009-04-26 21:06 | PETA
ケンタッキーの秘密のレシピは…?
年末年始、ケンタッキーのCMがよく目につきます。残酷に扱われて殺される鶏を、大人も子供もうれしそうに食べる。チキンを食べてみんなハッピー…でも鶏にとってはどうでしょう?ケンタッキーでチキンでも…と思ってるあなた、少しその秘密のレシピを知ってみたいと思いませんか?

b0083560_20451486.jpg

パメラ・アンダーソンが明かすケンタッキーの秘密
*英語ビデオです。

ビデオの中では、

・過密状態で飼育されている
・喉が焼けるようなアンモニア臭の中で生活
・屠殺の際、多くの鶏が意識のあるまま首に切り目を入れられ羽根を取り除くためのタンクに入れられる
・生まれて2か月以内の幼い鶏が使われる
・鶏たちは日の光を浴びることも、自然の中歩くこともなく屠殺へ送られる
・神経の通ったくちばしをカットされる。それにより食べることも苦痛になったり、ショックで死んでしまう鶏もいる
・過密状態で飼育されるため、「つつき順位」と言われる鶏の自然な社会行動ができない
・不自然なほどの速さで育つよう改良されているため、体重に支えられなくなり立てない鶏がたくさんいる
・屠殺場へ送るのに捕まえる際、荒々しく扱われている
・足かせにくくりつけられ、気絶されるためのスタンガンが低く設定されており意識のあるまま屠殺作業が行われる
・ウェストバージニア州では鶏が虐待している様子が撮影された
・自然な環境では、互いを認識しあい、砂あびをしたり巣作りをして暮らす動物である


…などの点が述べられています。

 一般消費者から改善の声が上がったり、KFCの売り上げが落ち閉店も続き、カナダのKFCで多くの店舗がヴィーガン対応のメニューを取り入れることに合意するなどの変化もありました。(詳しくはキャンペーン経緯で。英語サイトです。)それでも2007年、タイソンにある屠殺場(KFCへチキンを供給している屠殺場の一つ)で潜入捜査が行われ、鶏たちがいまだに残酷な扱いをされている様子が撮影されました。ビデオはこちら

 さらにケンタッキーは、鶏たちの餌を栽培するためにアマゾンの森林を破壊しています。(英語サイトです)

 「日本のケンタッキーは違う」??本当にそうでしょうか?日本のケンタッキーHPにある、トレーサビリティーについての説明の中に出てくる工場の写真を見る限りでは、「自然な状態で育てられていない」点で同じようにしか見えません。以前問い合わせをした際にも、具体的な回答はいただけませんでした。「おいしさで、人を幸せにしたい」HPはこちら

 もっと詳しく知りたい方は、Kentucky Fried Crueltyへ。

*ビデオには残酷な場面が映されています。心臓の弱い方やそういった映像が苦手な方は視聴をご遠慮ください。

kentuckyfriedcruelty.com
[PR]
by i_love_peta_jp | 2008-12-29 21:42 | PETA
動物をプレゼントすることが良くない理由
HelpingAnimals.comより
動物をプレゼントするのが良くないのはなぜか

私たちと同じように動物も、元気に育つためには愛情と適切なケアを必要とします。動物をギフトとして送る側は善意としてプレゼントしていることがほとんどですが、贈られた側がその特定の動物を家族の一員に迎えたいと願っていて、またその動物が死ぬまで適切なケアをする用意ができていることが確実でない限り、動物を贈ることは不公平です。

プレゼントする前に考えて

動物をペットとして迎えることは、家族にとって重大な決断です。ペットを飼うことは、ケアをしたり一緒に時間を過ごすために長期間拘束されること、その動物を一生ケアするということです。

b0083560_15362241.jpg動物を引き取る前に、適切なケアをするための時間とお金について熟考してください。(その動物をプレゼントしようとしている)相手は、動物をエクササイズさせたりしつけるための時間と忍耐を持っているでしょうか?彼/彼女は餌や必要品(おもちゃ、くし類、鎖、ハーネス、ベッドなど)、予防接種、去勢・不妊・ノミ・寄生虫駆除・緊急時等獣医にかかるための費用を負担できる余裕があるでしょうか。

もし家族が動物を引き取ると決めた場合、義務と長期間拘束されることについて話し合った後、家族全員で動物シェルターへ行って動物を選ぶべきです。
どうか、ブリーダーやペットショップで動物を購入しないで下さい。また、常にABC…animal birth control(産児制限)を実行してください。ブリーダーやペットショップで動物が1匹購入される度に、動物シェルターで犬や猫を引き取ることのできるはずの家族がひとつ減ることになります。

子供は用意ができていないかもしれない
小さい子供は意図せずに動物を傷つける可能性があり、遊んでいるうちにもろい骨を折ってしまったり、致命的な傷をおわせてしまうこともあります。特に傷つきやすいのが、仔犬、仔猫、ウサギ、ヒヨコ、子アヒルなどの若い動物です。

子供の動物への興味がなくなってしまい、大人がその問題を「解決」するために難しい決定を下すといった話を私たちはたくさん耳にしてきました。「解決」が意味するのは、動物をシェルターや収容所へ戻すこと、酷い場合には他の家をたらい回しにさせトラウマを作り出し、精神的に傷を負わせて問題行動を起こさせることになります。

少なすぎるハッピーエンディング
動物シェルターは、施設の限界を超えるほどに多くの動物、特に一時「ペット」として飼われていて理由があり飼主のライフスタイルに合わなかった動物で溢れています。たとえ新しく一員になったペットを死ぬまで面倒を見たいと思っていたとしても、動物を贈られた多くの人がそれが不可能なことに気付きます。
悲しいことに、多くの人が結局はすでに満員状態の動物愛護教会や動物管理機関に動物を返す破目になることがほとんどです。最悪の場合には、道端に置き去りにしたり、引越しの際に裏庭に取り残すこともあります。

あなたにできること
・決して動物をプレゼントとして贈らないでください。もし動物を贈ろうとしている相手とその考えについて話し合い、相手が動物をケアするため、また重大な拘束を強いられる時間、同意、能力と情報を持っているのであれば、動物シェルターのギフト証明をプレゼントすることを考えてみてください。
もし動物が扱われる定期市、街頭の古物市などのイベントに参加することがあったら、取引している責任者と話をしてください。もし無料で仔猫や仔犬が譲渡されているのであれば、動物を通りすがりの知らない人に引き渡すリスクについて説明してみてください。犬や猫を研究所や商人に売り飛ばす人もいれば、動物を虐待、ネグレクト、捨てる人もいます。
HelpingAnimals.comの誓約書にサインして、ペットショップやブリーダーから動物を買わず、去勢・不妊手術を施すことで常にABC(避妊)を実施することを宣言してください。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-12-19 15:42 | PETA
ホースレーシング(競馬)
PETA Action Alert!

先日、メルボルン(オーストラリア)の活動家が屠殺場を調査したところ、レース産業の利益にならない事を理由に捨てられたレース用馬たちの、ぞっとする様な屠殺が明らかになりました。この馬たちの多くはやせ衰え、傷つき、彼らは待機用の檻の中に閉じ込められていました。その後ライフル銃で頭を撃たれるのですが、その際他の馬の目の前で屠殺が行なわれることもしばしばあります。作業員はよく訓練されていないため、殺される馬のなかには、(皮を剥がしたり脚を切り落とすための)処理場の床を引きずられる間中、もがき苦しんでいるものもいます。この捜査のビデオはこちらから視聴できます。()

オーストラリアでは毎年、レース産業の中約18,000頭の馬が産まれます。その1/3が将来レースに参加しますが、3歳以上になってもレースに出続けることは稀です。レースで走り続けた後、利益にならないとされた馬たちが、退職して牧草地で余生を過ごすことはめったにありません。何万頭ともいう馬たちが、毎年売られて屠殺されています。こうして屠殺された馬の肉は、犬や猫のペットフードに加工されたり、人間用の「極上の肉」としてヨーロッパやアジアで消費されています。

何も屠殺だけが残酷なわけではありません。ホースレース(競馬)産業自体も残忍性に満ち溢れています。サラブレット馬は遺伝子に問題を抱えていますが、硬い競技場の地面、年中続くレースのスケジュール、そして馬たちを「投資」と見なしてより多くのお金を儲けるために頻繁にレースに出させるオーナー達によってより悪化します。トレーナーや獣医達は、馬の怪我を治療するためにしばしば薬を使用します(合法・違法ドラッグ共に)。ラシックスは、肺の血液を止めると共に、他のドラッグの存在を隠す効果のある合法ドラッグです。フェニルブタゾンはよく使われる鎮痛剤で、比較的軽い怪我の場合使用して馬を走らせますが、そのせいで重い怪我になってしまうケースもあります。

競馬産業と関係のある産業の利益のために品種改良・繁殖させ飼育するのを続けさせる限り、彼らはこうした動物を虐待し、屠殺し続けることでしょう。しかし、私達はこの残酷な行為と戦うことができます。例えば、レース場に出向くことをボイコットしたり、売り込みとしてレースを支援している議員に働きかけることで、この虐待的で犠牲の大きい「スポーツ」によって苦しむ馬の数を減らすことができます。数日後に行なわれるメルボルン杯や他のレースをボイコットし、もっと多くの人達も同じようにレースを放棄するように働きかけるためにも、この活動に加わってください。

詳しい情報については、PETAのfactsheetを読むか、PETAAsiaPacific.com(PETAアジア支部HP)をご覧になってください。

※ビデオの中には、ライフルで屠殺する様子、解体の様子や屠殺後の肉片、骨、馬の頭などが写されています。心臓の弱い方、精神的に弱い方はご覧にならないでください。

■ビデオの中で、馬がせりにかけられる様子があったんですが、ある馬は110ドル(11,000円弱)、あと一頭は80ドル(8千円前後)で売り飛ばされていました。レースに出た馬の多くが屠殺されるそうです。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-11-04 12:53 | PETA
SB880をストップ!カンガルーを救おう!
PETAウェブサイトより

カンガルーを殺させないで!上院法案880を止めよう!
b0083560_22153547.jpg

 もしカリフォルニア法案が法律になってしまうと、カンガルーは差し迫った危機に直面することになるでしょう。上院法案880(SB880)が通ってしまうと、1970年から禁止されてきた、カリフォルニアでのカンガルー皮の販売を公認することになります。

b0083560_22204214.jpg オーストラリアでは、毎年何百万頭ものカンガルーがその毛皮の為に撃ち殺されています。オーストラリア政府の規則によると、親のいないカンガルーの子供や傷ついた大人のカンガルーは、首をはねるか「脳を破壊するため」に頭を鋭敏に打つことになっています。ハンターが、袋に子供を抱えた母親を殺す時、赤ちゃんはたびたび死んだ母親の体から引き出され、踏み潰されて殺されるか、激しい苦痛の中取り残されます。

 カリフォルニアでのカンガルーの皮が販売されることを許可することは、すでにこの(カンガルー皮)産業の要求を満たすことすら出来ないほど数の減っているカンガルーの存在自体も脅かすことになります。オーストラリア政府の統計によると、カンガルーの頭数は減少し続けており、この十年間で一番低い頭数を記録しているそうです。SB880は、絶滅に瀕していない種類のカンガルーの皮だけの販売を許可していますが、ハンターは主に夜間にカンガルーを殺す為、撃つ前にそれが絶滅に瀕している種ではないかどうかを毎回は確認をしません。どんな種類であれ、カンガルー皮への需要が高まることは、オーストラリアのカンガルーの頭数の減少をさらに加速させることになります。

■ここからカンガルー狩りのビデオを視聴することができます■
※射殺したり、赤ちゃんカンガルーが踏み潰される様子が写されています。心臓の弱い方や、精神的に弱い方は視聴をご遠慮ください。

 カンガルーたちのために、あなたの声を届けてください。SB880を止める為に力を貸してください。カリフォルニア観光委員会へ手紙を書いて、もし法案が通ればカリフォルニアを訪問しないという意思を伝えてください。他の動物と同じように、カンガルーはカーペットや財布、ジャケット、靴なんかではなく、残酷な行為や不必要な死から守られるに値します。

■ここからメッセージを送ることができます■
初めから文が入っているので、英語があまりできなくても大丈夫です。
*Subjectに件名
*(Edit Letter Below)に本文
*E-Mailにメールアドレス
*First Nameに名前
*Last Nameに苗字を入れて
「Send This Message」をクリック。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-04-25 22:21 | PETA
チンチラ飼育場
b0083560_0592093.jpg

PETA.orgウェブサイトより

PETAはUSDA(米国農務省)に対し、毛皮の為に殺される動物達を保護するように要望します

 ミシガン州ミッドランドにあるファー(毛皮)農場で、感電させられ(痛みを伴う心臓発作を起こす)、完全に意識のあるまま首を折られるチンチラ達を捜査員が目撃したためPETAは、むごたらしいファー(毛皮)産業の為に育てられる動物達を保護するよう求める手紙をUSDAに急送しました。チンチラ、フォックス(きつね)、ミンク、ラクーン(あらいぐま)など、ファー(毛皮)の為に殺される動物達は現在、ここでPETAの捜査員達が目撃したような行為から一切守られていません。

ここから捜査のビデオを見ることができます
※首を折るシーンなどが含まれているので、心臓の弱い方、精神的に弱い方は見ないようにお願いします。

****************************************
2007年4月11日:アップデート:裁判所がPETAに賛成する
 連邦裁判所は、PETAにこの捜査ビデオを公開することの差し止めを求めた訴訟を却下しました。訴訟は、この捜査によりファー(毛皮)用動物飼育場のオーナー達が傷つけられたというものでしたが、裁判所はすべてのクレームについてPETAに賛同し、このケースを却下しました。

 アメリカ連邦地方裁判所のDavid M. Lawson判事は、毛皮のために飼育され、感電死させられる動物たちに関することで「PETAは公的に抗議を行なう権利がある」とし、動物の飼育や動物を殺す事、またその方法(特に営利的な目的によるもの)については、公の関心事としてうけとめられている、と述べました。判事はPETAの捜査方法について、主要なテレビネットワークと比較し、「潜入捜査は我々の刑事裁判においてよく行なわれる方法である。それに加え、テレビ番組のPrime Time LiveやDatelineではたびたび、不適切で非人道的、犯罪性のある行為を暴くために潜入捜査が行なわれている。」と述べました。裁判所は、PETAがサイト上に捜査ビデオを掲載し、公開した内容は事実に基づいたものであり、ファー(毛皮)商人達の行動が正確に表現されているとしました。

2005年2月:アップデート!ミシガン農務省、米国農務省と地元役人が捜査
 ミシガン州のチンチラ飼育場で私達が行なった捜査により、ミシガン農務省、米国農務省と地元の動物管理役人達による共同調査が行なわれました。ファー(毛皮)飼育者は地元の獣医と共に、安楽死や倫理的な動物の扱いをトレーニングすることに同意しました。この飼育者は今後一切、チンチラを感電死させず、致死注射(安楽死に用いる)により安楽死される方法を学びます。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-04-15 01:02 | PETA
カナダでのアザラシ虐殺をやめさせよう!
b0083560_21223623.jpg

血みどろのアザラシ虐殺を止めさせよう!

PETAホームページより

カナダでアザラシがどのように殺されるかを自分の目で確かめてください。

カナダの毎年恒例のアザラシ猟は、地球で一番規模の大きい海中哺乳類猟です。
昨年、カナダ政府が330,000匹のタテゴトアザラシを殺す許可を与え、世界はその恐ろしい出来事を見ていました。ハンティングでは、あかちゃんアザラシは銃で撃たれたり、何度も打ち付けられたりしていました。ハンター達はアザラシをクラブや「ハカピクス」と呼ばれる先に金属のフックのついた棒で殴っていました。

…中略…

この殺戮をやめさせてください!

上のリンク先から、メッセージを送ることができます。
もとからサンプルの文が入っているので、そのままでもOKですし、英語の分かる方は自分の言葉を入れるとより効果的です。
*Subjectに件名
*(Edit Letter Below)に本文
*E-Mailにメールアドレス
*First Nameに名前
*Last Nameに苗字を入れて
「Send This Message」をクリック。

ビデオより
●アザラシの毛皮は、コートや飾り等に使用される。
●3ヶ月以下の赤ちゃんアザラシが多い。
●赤ちゃんアザラシは、まだ泳ぐこともできない状態である。
●42パーセントがその場で生きたまま毛皮を剥がされ、肉は放置される。


こちらから、多分前回の猟のものだと思うんですが、他のビデオを見ることができます。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-03-14 21:26 | PETA
世界広告コンテストのチャンピオン―チキン編
オリジナルの記事はこちら

PETAは先日、オーストラリアの広告代理店とチームを組み、ヤングガンズインターナショナル広告賞に向けて、コンテストを行いました。このコンテストは、世界中のベジタリアンを支持する素晴らしい広告センスを持つ人々を対象に、鶏(チキン)に焦点を当てたデザインを募集したものです。鶏は頭が良く、猫、犬や霊長類などの哺乳類と同等に知的であると言われています。しかしアメリカのファクトリーファーム(工業式飼育場)では一年間に90億羽が、彼らにとって自然で大切な行動の一つもできずに飼育されています。チキンについてもっと知りたい方はこちらへ

デザインを学ぶ学生やプロ、そして世界中のアーティストにより、700点以上の応募がありました。そして見事に勝利を収めた広告、「あなたの親はやっている」はフロリダ州ハランデールのJack BagdadiとBilly Custerにより作成されました。この広告は「ブロックアウトしないように」で知られるシリーズの一つで、見た人が想像してしまうけれど考えないようにしようと思うような広告です。今回のケースでは、ファクトリーファームで鶏がどんな扱いを受けているのか、意識的に考えないようにするのと同じ心境だと言えます。まずは1位、2位、3位を見てみましょう。
(広告をクリックすると、全体を見ることができます。)

b0083560_23511950.jpg1位(アップル社の製品1,000ドル相当を贈呈):

ブロックアウトしないように
(あなたの親はやっている)
製作者:フロリダ州ハランデール
Jack Bagdadi、Billy Custer
広告の文章:彼らは多分今「やってる」よ。でもあなたはそれを知りたくない。それはまるで、ファクトリーファームでヒヨコやチキンに何が起こっているのかを知りたくないようにね。行動科学者が鶏の認識能力は猫や犬、人間の子供に匹敵することを知りたくないのと同じだ。でも…なんだって関係ないよね、美味しければ…そうでしょう?


b0083560_015221.jpg2位:

スーパーマーケット

制作会社:BMFアドバタイジング・クリエイティブズ
製作者:(オーストラリア)Michael Canning、Matt Lawson






b0083560_092319.jpg3位:

ヒヨコ(ウー<犬の低いうなり声>)


制作会社:ヒルホリデー
製作者:マサチューセッツ州ボストン
Eric ShiMike、Rodrigues






今度はあなたの番です。一般選出の部の勝者を決めるのはあなたです。
b0083560_0132024.gif


上のリンクから、投票画面に移動します。画面にあるのは広告の一部で、それぞれクリックすると全体を見ることが出来ます。

自分の好きな広告をチェックして、First Nameに自分の名前(苗字不要)、E-mailにメールアドレスをいれ、Submitをクリック(下のボックスにチェックを入れると、PETAから続報メールが送られてきます)。

ちなみに私のお気に入りは「Finger」です。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-02-17 00:22 | PETA
アメリカ軍人が傷ついた犬を痛めつける
b0083560_22144235.jpg


オリジナルの記事はこちら。リンク先の真ん中の画像をクリックすると、映像が流れます。

アメリカの動物を擁護する人たちが、あるビデオに身の毛もよだつ思いをさせられています。
伝えられるところによると、このビデオはバグダットのグリーンゾーンで見つかったCDに入っていた映像のようです。
このビデオは、最近インターネット上に流れたもので、アメリカ軍人たちが酷く傷ついた犬をあざけり、痛めつける様子が映されています。数人の男が苦しむ犬に石を投げながら笑っています。犬がきゃんきゃんと吠えて前足で逃げようと試みるなか、ある人は「俺の人生で見た中で一番こっけいだよ。」と話しています。

動物を意味もなく苦しめることはアメリカでは違法であり、その国民(アメリカ人)は、こうした残酷な行為に対して黙っていません。こうした行為は、国民であれ軍人であれ、黙認されるべきではありません。

防衛省長官に、この事件について捜査し、関わった軍人達に責任を言及するように求めるメッセージを送ってください。
また、この出来事を友達や家族にも伝え、協力を募ってください。

*メッセージの送り方
 リンク先には、サンプルの手紙が書いてあります。もし英語が出来る方がいましたら、自分の言葉で書き直したり、一部を修正するとベストかと思います。
1)PeTAのサイトにアクセス。(http://getactive.peta.org/campaign/iraq_dog_abuse)
2)Subjectに件名。
3)(Edit Letter Below)に本文。
4)E-Mailにメールアドレスを入力。
5)First Nameに名前、Last Nameに苗字をローマ字で入力。
6)Send This Messageをクリック。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-01-18 22:19 | PETA
   

PETAの記事とビーガン(ベジタリアン)レシピを掲載!PETA's articles and vegan recipes!
by i_love_peta_jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧