> LINKS
菜食のススメ
菜食になってからの勉強に利用させていただいているサイトです。ベジタリアンクイズもあり♪菜食のススメ

VegCooking
ビーガン(ベジタリアン)レシピ

ベジーズJP
笑いと癒しのベジタリアン系エンターテインメントサイト

GoVeg.com
ベジタリアンの情報サイト

Other PETA websites
GoVeb.comをはじめとするPETAの色々なサイト

PETA
PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のサイト

PETA2.com
> ホースレーシング(競馬)
PETA Action Alert!

先日、メルボルン(オーストラリア)の活動家が屠殺場を調査したところ、レース産業の利益にならない事を理由に捨てられたレース用馬たちの、ぞっとする様な屠殺が明らかになりました。この馬たちの多くはやせ衰え、傷つき、彼らは待機用の檻の中に閉じ込められていました。その後ライフル銃で頭を撃たれるのですが、その際他の馬の目の前で屠殺が行なわれることもしばしばあります。作業員はよく訓練されていないため、殺される馬のなかには、(皮を剥がしたり脚を切り落とすための)処理場の床を引きずられる間中、もがき苦しんでいるものもいます。この捜査のビデオはこちらから視聴できます。()

オーストラリアでは毎年、レース産業の中約18,000頭の馬が産まれます。その1/3が将来レースに参加しますが、3歳以上になってもレースに出続けることは稀です。レースで走り続けた後、利益にならないとされた馬たちが、退職して牧草地で余生を過ごすことはめったにありません。何万頭ともいう馬たちが、毎年売られて屠殺されています。こうして屠殺された馬の肉は、犬や猫のペットフードに加工されたり、人間用の「極上の肉」としてヨーロッパやアジアで消費されています。

何も屠殺だけが残酷なわけではありません。ホースレース(競馬)産業自体も残忍性に満ち溢れています。サラブレット馬は遺伝子に問題を抱えていますが、硬い競技場の地面、年中続くレースのスケジュール、そして馬たちを「投資」と見なしてより多くのお金を儲けるために頻繁にレースに出させるオーナー達によってより悪化します。トレーナーや獣医達は、馬の怪我を治療するためにしばしば薬を使用します(合法・違法ドラッグ共に)。ラシックスは、肺の血液を止めると共に、他のドラッグの存在を隠す効果のある合法ドラッグです。フェニルブタゾンはよく使われる鎮痛剤で、比較的軽い怪我の場合使用して馬を走らせますが、そのせいで重い怪我になってしまうケースもあります。

競馬産業と関係のある産業の利益のために品種改良・繁殖させ飼育するのを続けさせる限り、彼らはこうした動物を虐待し、屠殺し続けることでしょう。しかし、私達はこの残酷な行為と戦うことができます。例えば、レース場に出向くことをボイコットしたり、売り込みとしてレースを支援している議員に働きかけることで、この虐待的で犠牲の大きい「スポーツ」によって苦しむ馬の数を減らすことができます。数日後に行なわれるメルボルン杯や他のレースをボイコットし、もっと多くの人達も同じようにレースを放棄するように働きかけるためにも、この活動に加わってください。

詳しい情報については、PETAのfactsheetを読むか、PETAAsiaPacific.com(PETAアジア支部HP)をご覧になってください。

※ビデオの中には、ライフルで屠殺する様子、解体の様子や屠殺後の肉片、骨、馬の頭などが写されています。心臓の弱い方、精神的に弱い方はご覧にならないでください。

■ビデオの中で、馬がせりにかけられる様子があったんですが、ある馬は110ドル(11,000円弱)、あと一頭は80ドル(8千円前後)で売り飛ばされていました。レースに出た馬の多くが屠殺されるそうです。
[PR]
by i_love_peta_jp | 2007-11-04 12:53 | PETA

PETAの記事とビーガン(ベジタリアン)レシピを掲載!PETA's articles and vegan recipes!
by i_love_peta_jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 検索
> 画像一覧