> LINKS
菜食のススメ
菜食になってからの勉強に利用させていただいているサイトです。ベジタリアンクイズもあり♪菜食のススメ

VegCooking
ビーガン(ベジタリアン)レシピ

ベジーズJP
笑いと癒しのベジタリアン系エンターテインメントサイト

GoVeg.com
ベジタリアンの情報サイト

Other PETA websites
GoVeb.comをはじめとするPETAの色々なサイト

PETA
PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のサイト

PETA2.com
> 動物たちへの残酷な行為-鶏[Cruelty to Animals-Chickens]
鶏たちの知られざる生態については、こちらの前回紹介の記事をご覧ください。

GoVeg.comからの記事です。

b0083560_16342211.jpg鶏は好奇心が強く、興味深く、また犬や猫、さらには霊長類ほどに知的な動物です*1。彼らは社交的で仲間と共に時を過ごすことを楽しみ、エサ探しをし、砂遊びをし、木の中で休んだり太陽の下で横になったりもします。オーストラリアのMacquarie大学にある動物生態研究所の管理をするChris Evans氏は、「協議会で人々を驚かす為に、動物の名前を書かずにこのような(鶏の)特性を書き出すと、人々は皆私が猿について話していると思うんですよ。*2」

鶏は発達の早い鳥です。親鶏はまだ卵から孵っていないヒナに対し優しく声をかけ、ヒナたちは母親や他の卵の中のヒナに対し返事をするのです*3!鶏の知性や順応性は、工場化された畜産方法では特に余計に彼ら自身を傷つきやすくしてしまいます。なぜなら、他の鳥と違い、赤ちゃん鶏たちは母親と巣の快適さがなくても生き延びらられるからです。ヒナ達は卵から孵ると、探検したり人生を経験することを熱望します。鶏の知性に関してはこちらをお読みください

b0083560_1791248.gifしかしアメリカでは一年に9百万以上の鶏が工場飼育され、自然な行動を何一つできずにいます*4。彼らは親に育てられることも、会うことすらできないのです。そして砂遊びや背中に日の光を感じること、新鮮な空気を吸うこと、巣を作ることもできません。

「ブロイラー」と呼ばれる食肉用に育てられる鶏は、何千にもなる他の仲間と一緒に狭い鶏舎で一生を過ごしますが、このとてつもなく窮屈な監禁状態は病気の発症をひきおこします。鶏達は早く大きくなるように薬漬けで育てられるため、足や臓器がうまく機能せず、心臓発作、臓器不全、足の変形や障害がたびたび生じます。多くが自分の体重を支えきれず、ゆくゆくは水が出るノズルまで歩けずに死んでしまいます。そしてわずか6-7週間でケージに詰め込まれ、屠殺場へと運ばれていきます。

卵の為に利用される鳥たち(「卵用雌鶏」と呼ばれています)は、ワイヤーでできたケージに入れられ育ちますが、その中では片方の羽を広げるスペースすら確保されていません。ケージは高く積み上げられ、高くにいる鶏が出した排泄物は絶え間なくその下にいる鶏達に落とされます。彼らの敏感な口ばしは切り落とされ、不自然な環境からくるストレスからお互いにつつきあわないようになっています。、また、ショックを与えて卵の生産を上げるため、たびたび14日ほどエサの供給をストップされます(強制的な抜け替りと呼ばれている)*5。彼らの体が弱り生産率が下がると屠殺場に運ばれ、傷ついてあまり状態がよくないことから、チキンスープや犬猫のエサとして加工されます。

b0083560_17382228.gif卵生産用の雌鶏から産まれたオスのヒナ達は卵を生産することも極端な量の肉を生産するためにも向いていないため、殺されます。毎年、1億以上もの若い鳥たちが生きたまま挽かれる(つぶされる)か、袋に入れられ窒息死させられます。

鶏たちは狭い木箱につめこまれ、悪天候でもかまわず屠殺場へと運ばれていきます。多くの鶏が荒っぽい扱いから羽や足を骨折し、何百万という数が旅のストレスから死んでいきます*6。

屠殺場では、金属の足かせに足を引っ掛けられ、首を切られ、羽を取り除くために熱湯の入ったタンクに漬けられます。一切の法に守られていないことから(鳥は屠殺時に人道的方法をとる法律から除外されています)、首をかききられる時点で多くが意識をしっかりもっており、首を切っても生きているものは文字通り羽除去用のタンクにより煮殺されるのです。

鶏の一生についてはコチラから(英語サイトに飛びます。近いうちにこちらも日本語訳掲載します)。

b0083560_20374571.gifそういえば今日「世界一受けたい授業」という番組で「ミニブタは犬くらい頭がいいんですよ」「へぇ~」というやり取りがありましたが、豚も鶏と同じように知力の高い動物です。GoVeg.comにもあるように、キャメロンディアスは豚の高い知性は3歳の人間の子供くらいあると知って、「3歳って言ったら、とても活発で物を学ぶ年よ。姪を食べているみたいだわ。」といって肉をやめたそうです。あなたの好きな映画スターもベジタリアンかも

1 William Grimes, “If Chickens Are So Smart, Why Aren’t They Eating Us?” New York Times, 12 Jan. 2003.
2 Grimes.
3 “Behavioral Research,” Chicken-Yard.Net, 30 Nov. 2001.
4 Wayne Pacelle, “Mercy, Mercy: Chickens Deserve Same Humane End as Pigs and Cattle,” Humane Society of the United States, 2005.
5 United Poultry Concerns, “Forced Molting,” United Poultry Concerns Online, 2005.
6 T.G. Knowles and L.G. Wilkins, “The Problem of Broken Bones During Handling of Laying Hens: A Review,” Poultry Science, 1998.

Cruelty to Animals Chickens
Chickens raised for their flesh, called “broilers” by the chicken industry, spend their entire lives in filthy sheds with tens of thousands of other birds, where intense crowding and confinement lead to outbreaks of disease. They are bred and drugged to grow so large so quickly that their legs and organs can’t keep up, making heart attacks, organ failure, and crippling leg deformities common. Many become crippled under their own weight and eventually die because they can’t reach the water nozzles. When they are only 6 or 7 weeks old, they are crammed into cages and trucked to slaughter. Read more.
[PR]
by i_love_peta_jp | 2006-09-16 18:09 | GoVeg.com―鶏

PETAの記事とビーガン(ベジタリアン)レシピを掲載!PETA's articles and vegan recipes!
by i_love_peta_jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧